医療用ウィッグを買おう

髪の毛頭髪がなくなることが女性がん患者の悩みの中でも最も一般的なものとなっています。対策として帽子などをつける人もいますが、見た目の総合的な自然さやクオリティを考えると進歩が目覚しいウィッグの世界が一番でしょう。医療用ウィッグは特に治療中の人の頭皮のことを考えて作られていますので、使用しやすいですし、医療用ウィッグのおかげで治療中の人たちの精神面での安定も図れるのでおすすめです。もちろんこうした医療用ウィッグもピンキリなので失敗しない購入方法を考えて賢い買い物をする必要があるでしょう。

まずは既製品、セミオーダー、フルオーダーのウィッグが存在することを覚えておきましょう。やはり既製品のほうが価格的には安く、フルオーダーのほうが高価にはなりますが、仕上がりや使い心地は非常に良いものがあります。とにかく質にこだわりたいならばフルオーダーやセミオーダーを考えてみるのも良いと思います。あくまでも一時期しか使わないのだからということであれば既製品を使用してみるのも良いかもしれません。脱毛状態から徐々に自毛が生えてくると頭の外周が微妙に変化していくので、サイズ調整ができる必要があります。実際に医療用ウィッグの試着してみて決めることをおすすめいたします。

再び生えてくる自毛

女性抗がん剤治療には様々なつらい副作用があると思いますが、女性にとって自分の髪の毛が抜けてしまうというのは大きな試練になると思います。気になるのは抗がん剤治療終了後どれくらいで自毛が再生し始めるのかという点です。脱毛と同様自毛が生えてくることに関しても個人差がありますが、多くのケースでは治療終了後3ヶ月から半年くらいで自毛が生え始めると言われています。またホルモン治療などをおこなっている場合には髪の毛が伸びにくい傾向があるので、自毛が生え始めても元通りのヘアスタイルにまで戻るにはかなり時間がかかるものです。

一般的な考え方で言えば頭皮の血行は発毛、育毛のために重要であり頭皮マッサージはとても重要なものと言えます。しかし抗がん剤治療をおこなっている最中は頭皮マッサージをすることによって血行が促進されそれが抗がん剤の影響を大きくしてしまう可能性があるようなので避けたほうが良いようです。ですから頭皮マッサージを開始するのは治療がきちんと終わってから、できれば治療後一ヶ月ほど経過してからにしましょう。このように自毛が生えてくるまでにはかなりの時間がかかるため、その間頭皮を守り、ファッション的にも自分の気持ちを高めるために医療用ウィッグを購入するのはおすすめです。

抗がん剤治療後の頭皮

女の子と鏡抗がん剤治療をするうえで副作用というのは誰もが戦わなければならないものですが、どれくらいで髪の毛の脱毛が始まるものなのでしょうか。初回の抗がん剤投与から二週間ほどで脱毛が始まることが多いと言われています。ただ髪の毛が抜けるだけでなく、少し頭皮がピリピリするような感覚があったりと不安になる要素もあるようです。そうした若干の痛みやピリピリ感はやがて和らいでいくようですが、一週間ほどするとほとんどの髪の毛が抜けてしまうことになります。ただしこうした副作用による脱毛症状がどのくらい出るかは人によって個人差があります。本当にすっかり髪の毛が抜けてしまう人もいれば、あまりそうした副作用が出ない人もいます。

脱毛後のケアとしては帽子やナイトキャップなどを用いる人もいますが、外に出かけたりした場合のファッション的な観点や、頭部を守るためにもこうしたものは大切です。そして意外と知られていないかもしれませんが、頭髪だけでなく体毛、例えば鼻毛やまつ毛なども脱毛してしまうことがあります。まつ毛がなくなると光が過度にまぶしく感じたり、鼻毛がないと鼻の中が乾燥し過ぎたりと色々な影響がありますので、抗がん剤治療にはこうした症状も伴うということを覚えておきましょう。

頭皮脱毛後のケア

ウイッグ「かつら」という言い方ではなく「ウィッグ」という言い方が定着してきてからある程度時間が経ちますが、最近のイメージとしては若い女性でファッションに敏感な方がこまめにウィッグを変えて色々な髪型やそれに伴ったファッションのスタイルを楽しむものとして捉えられていると思います。こうした流れはウィッグやかつらを作るメーカーや業界にとっても歓迎するところだと思いますが、一方病気や怪我などで頭髪の脱毛が生じた方が治療の間に装着する医療用ウィッグというものも需要が大きくなっています。もちろん特別な病気などでなくてもホルモンバランスなどの乱れや年齢的な要素、さらにはストレスなどが原因で薄毛に悩まされている女性の方もたくさんいらっしゃいます。

このように現実的な必要が生じて医療用ウィッグを必要としている方がいますので、ますますクオリティーが高く、ファッション性の高いウィッグのニーズが広がっています。特に抗がん剤治療の影響などで脱毛してしまった方や円形脱毛症などが生じている方の場合、そのせいで人に会うのが嫌になってしまったりして、深刻なストレスになることも考えられます。しかも一般のウィッグと医療用ウィッグでは着け心地なども含め色々な違いがあるので、目的や頭皮の状態に応じてきちんとした医療用ウィッグを選ぶ必要があります。特に抗がん剤治療後のケアというのは精神的にもとても重要なので、医療用ウィッグをどのように選ぶことができるか考えましょう。