抗がん剤治療後の頭皮

女の子と鏡抗がん剤治療をするうえで副作用というのは誰もが戦わなければならないものですが、どれくらいで髪の毛の脱毛が始まるものなのでしょうか。初回の抗がん剤投与から二週間ほどで脱毛が始まることが多いと言われています。ただ髪の毛が抜けるだけでなく、少し頭皮がピリピリするような感覚があったりと不安になる要素もあるようです。そうした若干の痛みやピリピリ感はやがて和らいでいくようですが、一週間ほどするとほとんどの髪の毛が抜けてしまうことになります。ただしこうした副作用による脱毛症状がどのくらい出るかは人によって個人差があります。本当にすっかり髪の毛が抜けてしまう人もいれば、あまりそうした副作用が出ない人もいます。

脱毛後のケアとしては帽子やナイトキャップなどを用いる人もいますが、外に出かけたりした場合のファッション的な観点や、頭部を守るためにもこうしたものは大切です。そして意外と知られていないかもしれませんが、頭髪だけでなく体毛、例えば鼻毛やまつ毛なども脱毛してしまうことがあります。まつ毛がなくなると光が過度にまぶしく感じたり、鼻毛がないと鼻の中が乾燥し過ぎたりと色々な影響がありますので、抗がん剤治療にはこうした症状も伴うということを覚えておきましょう。

頭皮脱毛後のケア

ウイッグ「かつら」という言い方ではなく「ウィッグ」という言い方が定着してきてからある程度時間が経ちますが、最近のイメージとしては若い女性でファッションに敏感な方がこまめにウィッグを変えて色々な髪型やそれに伴ったファッションのスタイルを楽しむものとして捉えられていると思います。こうした流れはウィッグやかつらを作るメーカーや業界にとっても歓迎するところだと思いますが、一方病気や怪我などで頭髪の脱毛が生じた方が治療の間に装着する医療用ウィッグというものも需要が大きくなっています。もちろん特別な病気などでなくてもホルモンバランスなどの乱れや年齢的な要素、さらにはストレスなどが原因で薄毛に悩まされている女性の方もたくさんいらっしゃいます。

このように現実的な必要が生じて医療用ウィッグを必要としている方がいますので、ますますクオリティーが高く、ファッション性の高いウィッグのニーズが広がっています。特に抗がん剤治療の影響などで脱毛してしまった方や円形脱毛症などが生じている方の場合、そのせいで人に会うのが嫌になってしまったりして、深刻なストレスになることも考えられます。しかも一般のウィッグと医療用ウィッグでは着け心地なども含め色々な違いがあるので、目的や頭皮の状態に応じてきちんとした医療用ウィッグを選ぶ必要があります。特に抗がん剤治療後のケアというのは精神的にもとても重要なので、医療用ウィッグをどのように選ぶことができるか考えましょう。